耐久性も上がる

溶質

昨今では、水回りのコーティングをする家庭が増えてきています。コーティングをしておくことにより、水回りを良い状態で保ちやすくなるからです。 水回りのコーティングには、フッ素やシリコンなどが使われることが一般的です。フッ素は、主に蛇口などの金具部分に使われています。そしてシリコンは、洗面台や湯船などに多く使われています。これらはコート剤の中では比較的安価で、たとえば風呂場の蛇口や湯船全体に施した場合でも、料金は2〜3万円ほどです。耐久年数は2〜3年ほどで、その後は徐々にはがれてきます。 また、フッ素ガラスというコート剤もあります。ガラスなので撥水性がかなり高く、耐久年数も5年ほどと長いです。その分料金はやや高く、風呂場に施した場合は5万円ほどかかります。

コーティングが普及していなかった時代には、水回りは錆びやカビにより劣化しやすく、リフォームが多くおこなわれていました。錆びた蛇口の交換や、カビの生えた湯船の交換が、さかんにおこなわれていたのです。 しかしコーティングがおこなわれるようになってからは、水回りの清潔さは保ちやすくなりました。それにより掃除がスムーズになり、人々の負担は減っていきました。コーティングにはリフォームほど料金が多くかからないため、経済的な負担減にもつながったと言えます。 また、昨今では新築住宅においては最初から水回りにコーティングが施されるようになりました。さらに賃貸住宅においても、良い状態を保ちやすいように水回りのコーティングがおこなわれることが増えてきています。