繊細なガラスを修復

書斎

家庭ではガラスは窓などに使われている素材です。近年の窓ガラスには厚い強化ガラスが使われるようになり、ちょっとの力では割れたりヒビが入らないようになっていますが、それでもガラスそのものが硬質なため、何らかの衝撃でヒビが入ったり割れたりしてしまいます。 その場合にはガラス修理を行うことになりますが、ガラス修理にもいくつかの種類があります。ひとつは、完全には割れていない表面上の小さいヒビや傷であれば透明樹脂を流し込むことで修理するというものです。一方で完全に割れてしまっている場合のガラス修理はガラスを交換するのが一般的です。これはヒビが入っているとガラスの強度が落ちるためで、まるごと交換する必要があるためです。

ガラス修理は、ガラスやサッシを取り扱っているお店に依頼して行うことができますが、ガラスの小さなヒビや欠けであれば、家庭用のガラス補修用の接着剤が売られており、安価に修理することが可能です。大きい面をするには不向きですが、欠けやヒビを埋めておくことで、それ以上の広がりを防ぐことが可能です。 一方でお店に依頼して交換してもらう場合には、ガラス施工1級技能店を選ぶのが無難です。特に大型のガラスになればなるほど取り扱いが難しくなります。 また費用を安くしたい場合であれば、小型の窓であれば、直接お店に持ち込み、ガラスの処分を自分で行えばそれだけ安くなりますが、割れたガラスは危険なので、すべてをお店に任せるのが良いでしょう。